freedomtodiscuss

隣の人が空き巣被害にあったと聞いたときにすべき対策とは

自宅を留守にしている間に泥棒に入られる、このような空き巣被害にあわれるケースは全国でもかなり多いことが知られています。そのため、私たち自身が空き巣被害にあうだけではなく、周囲の人たちが空き巣被害にあう可能性も十分に考えられるでしょう。さて、そんな空き巣被害に隣の人があってしまったとき、私たちは特に何らかの対策をとらなければなりません。それは近くに空き巣がおり、自分の家も狙われるリスクがかなり高いことが推測できるからです。

その対策としては、まず自宅のセキュリティ全般を整備する必要があります。そのセキュリティの整備を行う上で重要なのが、鍵を頑丈なものにするということです。一般的に鍵は「キー」がなければ開けることができませんが、空き巣はそんな一般論はお構いなしに無視してピッキングなどの方法によって鍵を解錠してきます。そのような事態を防ぐため、空き巣が絶対に入らないような鍵にしておくことが大切になってくるのです。では空き巣対策を行えるような鍵はどのようなものなのかというと、とにかく最新のものでピッキング防止を売り文句にしているもの、そのような鍵を選ぶようにしましょう。そうすれば少なからず平凡な鍵よりは確実に空き巣の被害を防いでくれます。

また、この鍵を頑丈にするということ以外にも、空き巣が窓ガラスを割って入ってくるのを防ぐようにガラスを頑丈なものにすることも考えられますし、窓ガラスを丈夫にするついでに窓の鍵についても丈夫なものにすることなども空き巣対策の一つとして挙げられるでしょう。

隣の家の人が空き巣にあうことは、次は自分の家が狙われるという一つのシグナルでもありますから、絶対に油断しないようにしてください。そして確実に空き巣からの被害を防ぐためにも、鍵や窓ガラス、窓の鍵など空き巣が侵入してくる経路をしっかりとガードしましょう。そうすれば空き巣の被害を最小限に抑えられるはずです。